BLOG

もうすぐ貴社の化粧品が中国で売れなくなる?|一刻も速くCFDA申請をお勧めする理由

一刻も速くCFDA申請をしないと貴社の化粧品が中国で売れなくなる!?

中堅・中小化粧品企業の中国販売の現状

現在日本にある中堅・中小化粧品企業の化粧品も、中国市場において独特な商品力で資〇堂・花〇などの大手企業に負けない程の人気を有しています。

大手企業は大抵中国法人や中国工場を有しており、正式な薬事申請を通じて輸入品のCFDA承認を得ているか、現地生産の承認を得ています。

CFDAとは: 中国食品薬品監督管理局、医薬品・医療機器・化粧品・健康食品などを中国市場で販売するための承認機関である。日本では、厚生労働省傘下のPMDAと消費者庁が同じ役割を果たしています。

しかし、中堅・中小化粧品企業の殆どは中国法人を持たず、中国代理店も契約せず、正式な中国販売ルートを有していません。

その代わりに、ECプラットフォーム、あるいは C to C プラットフォームを通じて、中国での商品販売を実現しています。

例として、いくつかのやり方があります。

観光客経由(完全な C to C)

  1. 観光客(実は中国EC出店関係者)日本で爆買いする
  2. 買ったものが中国の店舗・倉庫に納品する
  3. ECプラットフォームに登録する
  4. 購入した顧客へ発送する

EMS経由(C to C に見せかけた B to C)

  1. 中国語ECサイトを作る、またはECプラットフォームに店舗登録する
  2. 購入者に対して、日本からEMSを発送。

今までは、上記方法ではCFDA承認はなくても良かった。

なぜかというと、個人輸入として判断され、グレーゾーンとなっていましたが、これからはこのやり方が通じなくなります。

参考資料

いつから規制されるの?

実は2回も延期されていた

アリババを始めとする中国系ECプラットフォームは近年急成長を成し遂げました。

実は市場の拡大速度が当局規制の反応速度を上回っていたため、今までECを通じて日本化粧品会社が無許可で中国にて商品を売れるグレーゾーンができた。

中国当局は実は2016年から規制(即ち、ECプラットフォームで販売する商品を B to B と同じ基準に合わせる。化粧品の場合は、CFDA未承認化粧品を販売不可とする)を検討していましたが、あまりにも市場の膨大さで、いきなり規制を行う場合のリスクを考え、現在2018年までに2回も規制の延期をしています。

今回の規制は2018年年末または2019年年始と予想されます。

仏の顔も三度撫づれば腹立つると言われるよう、三回目の延期はなく、決定されると考えた方がいいでしょう。

規制されるとどうなる?

もし貴社の化粧品はCFDA未承認で今まで中国で売れた場合、規制後はこのようになります。

  • 個人の観光客には影響ありませんが、EC店舗関係者の買い出しが急激になくなり、結果として中国人対象にした店頭販売が急に減ります。
  • 上記と同じ理由で、日本国内の通信販売も減ります。
  • 中国EC店舗と取引がある場合、今までEMSで商品を中国に送っていたものの、これからは税関で没収されます。

などなど、海外の売り上げに大きな損害が予想されます。

規制されないために、一刻も早くCFDA申請をしましょう

化粧品のCFDA申請について、こちらの記事でわかりやすく説明しています。

ぜひご検討ください!

化粧品のCFDA申請代行業者パートナー

株式会社WWIPコンサルティングジャパン

模倣品に関する調査、摘発業務を始めとして、商標関連サービスや、CFDA申請代行サービス業務を行うと共に一般社団法人日中知的財産保護協会(JCAAA)の事務局業務。知的財産の創出・保護・活用を戦略的にマネジメントする事を目的としています。中国越境ECへの制度変化を備えた化粧品の備案申請代行を徹底的にサービスいたします。

 

 

ベターライフバイオ株式会社

ベターライフバイオは中国CFDA申請代行サービスと化粧品、健康食品、日用品などの輸出入業務を通じて人々のより健康、より良い生活を支えています。

 

 

 

★キャンペーン情報

Web制作+SEO・MEOキャンペーン

  1. Web制作+SEO施策で、総額2割引!!
  2. Web制作+MEO対策で、MEO料金1500円/日⇒1000円/日!!

 
Web制作SEO・MEO

Web診断無料キャンペーン

Web診断サービスを申し込んでいただくと、以下のレポートは無料で差し上げます。

  1. 競合分析レポート(5社まで、約20ページ)
  2. SEO内部施策提案書(キーワード3組まで)

 
お問合せ